シアリスの副作用は何か | 緩やかな効果で副作用も少ないシアリスなら安心してEDを改善できる

シアリスの副作用は何か

「シアリスの副作用は何か」のイメージです。

シアリスはバイアグラやレビトラに比べて、副作用が出にくいという特徴もあります。
しかし、副作用が出にくいというだけで、副作用が全くないというわけではないことはしっかり頭に入れておきましょう。
シアリスもバイアグラやレビトラと同じようにED治療薬の一つなので、副作用が出る恐れがあります。

シアリスで見られる副作用は、頭痛やほてり、消化不良などの症状で、臨床試験では背痛や筋肉痛などの症状も確認されているようです。
また、この他にもめまいや鼻水、鼻づまり、下痢などが起きることもあり、極稀に眼痛や結膜炎などの目の症状や色覚異常が起きるケースもあるようです。
軽度の副作用なら身体への影響は少ないですし、少し気になる程度のものならそのまま使い続けても大丈夫ですが、副作用が重篤だと感じた場合は服用を中止してかかりつけの医師へ相談しましょう。

バイアグラやレビトラは服用した人の多くが副作用を感じましたが、シアリスで副作用を感じたのはおよそ3割程度です。
バイアグラやレビトラでは9割の人が副作用を自覚したといわれているので、シアリスは副作用が出にくいというのは間違ってはいません。
正しい飲み方をすればシアリスは安心して使うことができるED治療薬ですので、シアリスを服用するときはシアリスについて調べ、正しい飲み方で服用するようにしましょう。