クレジットカードにお申し込みする時は事故情報に注意

クレジットカードにお申し込みすると入会審査がありますが、この時に個人信用情報機関に照会をかけています。信用情報には過去のクレジットやローンの契約内容や返済履歴などの情報が記録されています。これらの情報の中に事故情報と言うものがあり、この記録があるとクレジットカードの入会審査に受からない事が多いです。事故情報はクレジットやローンの滞納、任意整理や個人再生や自己破産などの債務整理などがあります。事故情報はブラックリストとも呼ばれていますが、登録期間が過ぎれば削除して貰えます。しかし個人再生や自己破産では登録期間が長いので当分の間待たないといけないです。本人の信用情報であれば個人信用情報機関に開示請求を行うと閲覧が出来ます。事故情報の心当たりがある方は削除されたかどうか確認してからクレジットカードにお申し込みして下さい。

イオンカードのメリットについて

私が数枚持っているクレジットカードの中で、一番メリットが大きいカードはイオンカードです。普段からイオンでよく買い物をする方にとっては、イオンカードはとてもお得なのです。ショッピングでの利用としては、イオンの定めている毎月のキャンペーン日にはイオンカードを提示するだけでも5%オフで買い物が出来たり、ポイントが2倍になったりすることがあるのでイオンのキャンペーンスケジュールを把握しておけば、かなりお得に買い物が出来ます。また、イオンカードのポイントはイオングループ店舗でのクレジット支払に応じてときめきポイントというイオンカード独自のポイントが200円で2ポイント付与され、1000ポイント貯まると各種電子マネーなどに交換ができます。私の場合は、イオンの店舗でそのまま支払に充てられる電子マネーWAONに交換しています。WAONへの交換の場合は、交換による手数料は引かれないので1000ポイントがそのまま電子マネーWAONに交換できるのでとてもお得です。入会費や年会費が無料なのでカードを作っておくだけでも特に損なことはありません。

お得なカード利用、支払設定は要確認

旅行の保険付きのもの、ポイント還元のあるものと、クレジットカードは計画的に利用できればお得で便利なサービスになりえます。頻繁に海外旅行をする方などは、目的に合わせて複数枚所持したいところです。しかし、収入や生活形態によって返済能力に難ありとみなされれば、審査に通りにくくなってしまいます。カードの使用、返済の実績によって信用度も変わってきますから、まずは一枚のカードを長期的に使うことを考えて選ぶといいでしょう。勿論、返済の延滞はしないことが基本です。ここでよくよく注意すべきポイントは、支払方法の選択です。手数料のことを考えれば、一括払いの選択が多いのではないかと思います。気を付けたいのは、自動的にリボ払いになってしまう仕様のカードがあることです。特に初めてカード持つ方は、支払設定と、リボ払い専用カードか否かの確認は忘れずにしておきましょう。

調べれば調べるほどお得がついてくる☆楽天カード

ずっと作りたいなと思っていた楽天カードをとうとう作りました。ブランドはJCBです。そもそもは、楽天でお買い物をすることが多いこと、ポイント還元率が1パーセントと、これまで使っていたカードよりいいことが、新規カード作成の理由でした。さらに、nanacoカードにクレジットカードからチャージしたかったのも、新規カード発行申請のポイントです。早速、使い始めているのですが、楽天NAVIという楽天カード会員向けのサイトをのぞいてみると、本当にたくさんのキャンペーンがありました。今日見ただけで、15件ほどあったでしょうか。これほど多くのキャンペーンがあれば、常に私が活用できるキャンペーンがありそうで、嬉しくなりました。キャンペーンをうまく利用して、ポイントたくさんためられるといいなと思っています。

クレジットカードを新規に作りました

あんまりたくさん持っているのも変だけど、クレジットカードを最近、新規に作りました。もうすぐ届く予定です。作成時の審査もスムーズにいってこんなにスピーディーでうれしいくらいです。今は何かと審査が厳しいってネットに書いてあったのでどうかなと心配していました。届くのが待ち遠しいです。いざというときにクレジットカードは本当に便利です。今は2つのカードを利用しています。1つは雑誌の定期購読に支払いの引き落とし用です。もう1つはメインで長年、使っている方です。やっぱりクレジットカードを作るとちゃんといずれ使うようになるみたいです。今度のクレジットカードは何に使おうか楽しみの考えながら届くのを待ちたいです。

お得なクレジットカード、積極的にチェックしよう

買い物は現金派という方もいるかもしれませんが、クレジットカードは便利でお得なことがたくさんあります。まず、財布の中を常に気にしなくてよいということです。小銭が増えるということもありませんし、購入手続きも簡単に済ませることができます。次に買い物のたびに増えるポイントです。これを目的にクレジットカードを活用しているという人も多いと思います。カード会社でキャンペーンなども組まれるのでお得にポイントをゲットできたり、そのポイントを電子マネーに交換できたりと今やポイントは生活に密着したものになっています。加えて指定のクレジットカードで支払うと○%引きという店舗がありますので、チェックしておくと良いでしょう。このようにクレジットカードにはお得なことが多く、これからも様々なサービスが展開されていくと思いますので、積極的にチェックするようにしておくことをおすすめします。

何となく不愉快なイオンカードのG.Gマーク

近所のダイエーがイオンになってからイオンカードを利用するようになり、買い物へ行く時にはイオンカードをメインカードのように利用するようになったのですが、ひとつ気になることがあります。それはイオンカードを利用していると毎月15日にイオンの買い物が5%OFFになる、「イオンカードG.G感謝デー」と言うサービスです。とてもいいサービスだと思い意識的に15日にはイオンで買い物をしているのですが、このサービス、55歳以上の「グランドジェネレーション」のお客さまへと言う事で名づけられたとは思うのですが、どうしてもレジでカードを差し出す時に「GGサービス」つまり「爺・爺サービス」と言われているような気がして、ちょっと不愉快に感じてしまいます。このネーミング、若い人が考えたのかも知れませんが、少し気遣いが足りないような気がしています。

いつの間にかランクアップ!イオンのゴールドカード

最近あちこちにできているイオンのショッピングモール。イオンカード支払いで割引になる日も設定されていて、イオンカードを持っている人は多いですね。イオンカードにはゴールドカードがありますが、他のカードのゴールドのように高い年会費はなく、ゴールドなのに年会費無料です。イオンゴールドカードは招待制で、自分からは申請できません。案内には一定の条件を満たすと、とありますが公表はされていません。しかし持っている人は結構多いみたいです。日常的にイオンカードを使っていて、たまに大きな買い物もする、という方は、ある日ゴールドへの切り替え案内が来るのではないでしょうか。ゴールドの特典で、普段使いでありがたいのは「イオンラウンジが使える」ことです。殆どのイオンショッピングモールに設置され、無料で飲み物や試食品の提供、新聞や雑誌の閲覧、検索用インターネットの使用などが出来ます。休日は入室まで待つこともありますが、ゆっくり休憩することができるのでお勧めです。

クレジットカードのサイン初体験

クレジットカードを持ち始めて半年超になりますが、頻繁に使っていても一度もサインを求められたことがなかったのが、先日初めてサインを求められました。これには少し驚きました。初めてのお店だったり高額なお買い物の時だったということではなく、いつもお買い物をしているお店で小額な支払いでした。この、サイン不要の場合とサインが要る場合というのは何が違うのかは謎です。サインですが、私の場合クレジットカードの裏面の欄に漢字でフルネームを書いているわけでなく、とってもラフでとりあえず自分がわかればいいようなサインを入れていたのでお店でサインを書く時も簡単ではありましたが、もし漢字でフルネームだと後ろにレジ待ちの人がいる場合は少し焦ってしまうかもしれないなと思いました。何はともあれ初めての経験でした。

利用可能枠が下げられる理由

クレジットカードは、使っていくことで信頼を得ることができて、利用可能枠を引き上げてくれることが多いです。使える幅が広くなったことで、使える金額も増えてくることになりますが、一部の人は逆に下げられてしまいます。クレジットカード側で、明らかに不正な行為をしている人、もしくは返済が遅れている人などは、減額されてしまうことになります。特に問題になっているのは、返済をしっかりやらないで、滞納していることがあった場合です。このケースは、大幅に利用可能枠を減らしてしまい、10万円くらいしか使えないこともあります。クレジットカードは、キャッシングと同じものであり、返済をしっかりやらないことには、利用可能枠が増えません。