街でもネットショッピングでも、活用できるクレカ

クレジットカードは、持たない主義の人もいますが持っているとやはり便利で、日常生活の中でとても心強い働きをしてくれます。街での買い物で小銭を使わなくていい身軽さはもちろん、ネットショッピングでもクレカは快適です。ネットショッピングの場合、クレカ以外だと銀行振り込みか代金引換での支払い方法がメインですが、なかなか振り込みに行けないこともありますし代引きは手数料が別途かかったりもします。クレカ支払いだとその場で決済完了し、ショップによっては手数料もかからない場合もありますね。その他、外出先で現金の手持ちが少ない日でもクレカがあると役に立ったり、不測の事態が起きた時にも活用できます。クレカは1枚か2枚作っておくと、いざという時に頼りになりますよ。

学生がクレジットカードを選ぶときの基準

学生がクレジットカードを選ぶ際に1番気をつけるべきことは何でしょうか?学生がクレジットカードを作るときに重要なのは年会費などがかからないという点です。学生は社会人となって働いている人と比べるとお金にそこまで余裕がありません。使用可能な金額というのも多くないでしょう。そこを考慮すると、やはり年会費などにお金をとられてしまえば、クレジットカードで買い物ができる余地がそれだけ少なくなってしまいます。したがって、何のためにクレジットカードを持ったか?も分からなくなってしまうので、年会費などがかからないものを学生は選ぶと良いです。年会費がかからないクレジットカードは多くあるため、選ぶのには困らないと思いますし。

クレジットカードの利用で財布を持ち歩かない

私は、約20年間クレジットカードを利用してきました。クレジットカードのメリットは、先ず、財布を持たなくて済むことです。コンビニや駅の売店でもクレジットカードが利用できるようになったので重たい小銭を持って歩かなくて良くなった事がまず第1のメリットになります。次にポイント還元です。コンビニや駅の売店で現金で払っていてもポイントは溜まりませんが、クレジット払いにすれば、「塵も積もれば山となる」の如く、かなりのポイントを貯めることができます。ポイントは専ら商品券に交換しています。多い時で、1万円の商品券に交換してもらったこともあります。かなり家計には助かります。ただ、現金を使わないので自分の収入以上に使いすぎてしまう事もあるので注意しながら使う必要があります。

初心者はやっぱり楽天カードがおすすめ

これからクレジットカードを作りたいな、と考えていらっしゃる方は、どのクレジットカードにすれば良いか悩まれることがほとんどではないでしょうか。世の中にはたくさんのクレジットカードが存在しています。最初の1枚はどのクレジットカードを選ぶのが良いのでしょうか。トータル的に見て、一番おすすめしたいのが楽天カードです。メジャーすぎると思われるかもしれませんが、特典も多く、やはり持っていて重宝するカードです。標準のカードは無料で作ることができます。申し込みが簡単で、審査もほぼ確実と言って良いほど簡単に通過します。そのためクレジットカードが手元に届いて使い始めることができるまでがとにかく早いです。また、ポイント還元率も高いほうで、特に同じ楽天での買い物をすれば、キャンペーンもよくやっているため、どんどんポイントが溜まっていきます。インターネットでの買い物をよくするという方はとてもお得感を感じることができるはずです。家族カードもあり、ポイントを合算できる点も良いですね。りようりこのように、無料で誰でも持てる、とてもお得なカードになっています。色々な面で利用がしやすく優等生な楽天カード。最初の1枚にぜひどうぞ。

年会費は要チェック!

皆さんクレジットカードは何枚お持ちでしょうか?よく行くデパートやショッピングセンター、家電量販店等でキャンペーンにつられて新たに作ってしまう人も多いのではないでしょうか。確かに家電量販店などであれば購入金額も大きくなってくる分、ポイント還元率も高かったりしますよね。確かにお得なことも多いクレジットカードなのでカードを作ることに反対はしませんが、気をつけなくてはいけないのが年会費です。キャンペーンを行っている多くのケースでは年会費が無料であったり入会ポイントがついたりします。しかしながら、次年度以降年会費がかかってくるケースが多々あり、最初の説明ではその部分が見落とされがちです。知らずのうちに年会費数千円が請求されていた、ということもよくあります。そのため、キャンペーンで新規のカードを作る際には年会費がかかるのかをきちんとチェックしましょう。もしかかるようであれば、年会費発生月の前までに解約することをお忘れなく。

クレジットカードでは、ポイント稼ぎ

クレジットカードでは、ポイント稼ぎがとてもよいものです。これは、なにげない買いものからしはらいはクレジットカードで支払いコツコツとポイントを貯めることで貯まりますので現金を使わなくてカードで払い貯めていきます。特に狙いたいのはイベントでポイントが貯まりやすい時を狙うのです。このときは多く溜まりますし誕生日などで還元率が多いカードもあるからです。このようにカードで支払い貯めて航空券に変えるようにしてただで旅行ができるようにしてマイルに変えることもできるのです。一年間貯めるとかなりのポイントになるので無料で海外旅行ができるのでたくさんポイントヲタメテ航空券にするとよいでしょう。クレジットカードはポイントを貯めるのがコツです。

クレジットカードの審査は延滞以外にも注意を

 クレジットカードは、現金ながなくてもいつでも使える便利な存在ですね。 クレジット―カードは便利な存在であるこそ、発行する時には確認を。クレジットカードを作るためには、審査がありますが一番求められることは、「信用」なのです。延滞歴がない事は勿論ですが、幾ら収入が高くて資産を持っていても、収入が不安定だと審査段階で確認を求められることも。その他にも、必要以上のクレジットカードを保持していると、審査が中々通らないとこともあります。インターネットの普及により、ポイントサイトが乱立しているのも背景にあるのではないのでしょうか。ポイントサイト上でクレジットカードを申し込めば、5,000円以上のポイントが付与されることも珍しくなく、グレードの高いクレジットカードですと10,000円相当分以上のポイントがついたりすることも。 しかし、落とし穴があります。クレジットカートを沢山発行しているのにも関わらず、一度も利用していないケースは、ポイント獲得目的のみでカードを使う意思がないと判断され、信用情報に傷がつくことも。ポイントサイドでポイント目的にクレジットカードを作る場合は、焦らないことですね。

クレジットカードと付帯サービスについて

クレジットカードは社会人になってから二枚目を作ろうと思っているのですが、ちょっと付帯サービスに今回は気を付けてみたいなと思いました。最初に作ったのが大学のクレジットカードだったのでシンプルで使いやすいのですが、その分付帯サービスは基本的なものしかついていませんでした。また年会費無料ということだと付帯サービスもそこまで付いていないのがクレジットカードということで、そろそろゴールドカードも視野に入れても良いかなと思っています。付帯サービスで一番に気になるのが海外旅行での保険ですし、ゴールドカードだとその辺もサービスが盛りだくさんなので、やはり出張などが増えてくる将来的にゴールドカードのクレジットカードを現在検討中です。

クレジットカードにお申し込みする時は事故情報に注意

クレジットカードにお申し込みすると入会審査がありますが、この時に個人信用情報機関に照会をかけています。信用情報には過去のクレジットやローンの契約内容や返済履歴などの情報が記録されています。これらの情報の中に事故情報と言うものがあり、この記録があるとクレジットカードの入会審査に受からない事が多いです。事故情報はクレジットやローンの滞納、任意整理や個人再生や自己破産などの債務整理などがあります。事故情報はブラックリストとも呼ばれていますが、登録期間が過ぎれば削除して貰えます。しかし個人再生や自己破産では登録期間が長いので当分の間待たないといけないです。本人の信用情報であれば個人信用情報機関に開示請求を行うと閲覧が出来ます。事故情報の心当たりがある方は削除されたかどうか確認してからクレジットカードにお申し込みして下さい。

イオンカードのメリットについて

私が数枚持っているクレジットカードの中で、一番メリットが大きいカードはイオンカードです。普段からイオンでよく買い物をする方にとっては、イオンカードはとてもお得なのです。ショッピングでの利用としては、イオンの定めている毎月のキャンペーン日にはイオンカードを提示するだけでも5%オフで買い物が出来たり、ポイントが2倍になったりすることがあるのでイオンのキャンペーンスケジュールを把握しておけば、かなりお得に買い物が出来ます。また、イオンカードのポイントはイオングループ店舗でのクレジット支払に応じてときめきポイントというイオンカード独自のポイントが200円で2ポイント付与され、1000ポイント貯まると各種電子マネーなどに交換ができます。私の場合は、イオンの店舗でそのまま支払に充てられる電子マネーWAONに交換しています。WAONへの交換の場合は、交換による手数料は引かれないので1000ポイントがそのまま電子マネーWAONに交換できるのでとてもお得です。入会費や年会費が無料なのでカードを作っておくだけでも特に損なことはありません。