コツコツ得するクレッジットカードのポイント

クレッジットカードは持っていても、普段は現金払いがほとんどで、ネットで買い物をする時にしか使っていなかったので、細々と付与されるポイントの事など気にしていませんでしたが、あるときふと明細のポイント欄を見て、ある程度貯まったポイントの有効期限が近い事に気づきました。とても多いとは言えませんが、このまま捨ててしまうのももったいないので、持っている電子マネーのポイントに振り替える申し込みをしました。1ポイント3円で交換出来たので、ちょっとしたお小遣い程度の金額になりました。出て行くお金は同じですし、それからはカード払いにしても良いなと思えるものはカードで払ってポイントを増やし、ちょっと贅沢なおやつを買ってお茶を飲む資金に還元しています。ちょっとした事ですが得した気分になれますよ。

年会費で考える、クレジットカード

クレジットカードを作るときは、年会費無料のものを選ぶことにしているのですが、ポイント還元率が高いカードの場合は年会費がかかってもポイントの多さを考えると結構お得なものがあります。万単位の買い物をするときも、現金ではなくカードにすると、1万円で1パーセント貯まるとして100円。塵も積もればで、1年で結構貯まります。定期とか、家電が壊れて買い替えるなどの場合、必ず必要なものを買うならカードのほうがお得だと思います。1パーセント還元の場合10万円で、1000円分のポイントが貯まりますので、大きいです。カードの使用頻度が低い場合は、やはり年会費は無料のほうがベターだと思います。私は使用頻度に合わせて無料と有料の2枚を使い分けています。・

支払いをクレジットカードにまとめてポイントゲット

現代社会では収入の減少と物価の高騰が家計に大きな影響を与えています。生活を守っていくためには少しでもお得な情報があれば、活用していきたいところです。最近注目されているのがポイントカードなどでポイントを貯めていくという事ですが、ポイントを貯めるために無駄な買い物をしてしまうのは本末転倒です。普段の買い物や支払いで効率的に貯めていきましょう。クレジットカードでもポイントがたまり、お得に使えるものがあります。買い物で利用するのはもちろん、公共料金の支払いなどもクレジットカードに集約することで、より多くのポイントを貯めることもできます。こうした方法で、今のままでよりお得になる方法を検討していきましょう。

最近のクレジットカードの普及

最近本当にクレジットカードが普及しましたよね。どこに買い物に行ってもそこ専門のクレジットカードが大体ありますよね。なので、お買い得を求めるという方は自然とクレジットカードの枚数が増えてしまうのがネックですよね。簡単に作成できればいいのですが、実際多少なり審査を受けなくてはいけないので、そこでどうしてもあまりにも沢山クレジットカードを持っていると審査に落ちてしまう可能性が上がってしまうので、本当に難しい所ですよね。どこの会社も囲い込みに必死ですから、まだクレジットカードを作成した事が無いという人は色々と見て回って自分が良いと思った所で作成するのがベストですよね。クレジットカードは何枚も持っていると管理ができなくなってしまいますし、それで万が一延滞等してしまったら将来的に自分の信用が落ちてしまうだけでなく、いずれ車や住宅ローンを組もうとした際にそれが理由で審査に落ちてしまったりする可能性もあるので、どこでも囲い込みで作って欲しいと歩いていると声をかけられると思いますが、そこはしっかりと管理する為によく考えてから作成しましょう。

びっくりしたクレジットカードの障害

9月くらいであったでしょうか。クレジットカードが使えなくなった日がありました。別に利用限度額のオーバーとかブラックリストで使えなくなったとかいうわけではなく、原因は決済システムのトラブルが全国的に起こったということのようでしたが、幸いにして現金の持ち合わせがあったので事なきを得たわけですが、もし現金の持ち合わせがなかったならばちょっと厄介なことになっていたかもしれません。そのような事態を経験したことがなかったので店舗の方も当惑していたようですが、使う方がはるかに戸惑いは大きかったです。システム障害と考える前に何か自分の方に落ち度があってクレジットカードが使えなくなったように考えた人が多かったのではないでしょうか。

お気に入りのクレジットカード

 クレジットカードをよく使いますが、お気に入りはJCBの一般カードです。カードは複数枚所有していますが、基本的には全ての支払いをこのJCBカードで行っています。このカードを使う主な理由は二つです。一つは私が頻繁にアマゾンで買い物をするからです。アマゾンで買い物をする場合、JCBのポイントとの相性がいいです。貯めるにしても使うにしても便利に使うことができます。二つ目はJCBカードに付随している電子マネー、クイックペイが便利だからです。クイックペイはチャージ不要で手間がかからないですし、ポイントもカード利用と同じくつきますので、非常に使い勝手がいいです。クレジットカードを使うほどではないような数百円の買い物をした時に重宝しています。

クレジットカードは生活の必需品です。

私にとってクレジットカードは生活の必需品になっています。普段のジュースや新聞、ちょっとした買い物についてもクレジットカードを使うようにしています。また、電気やガス、携帯電話といった公共料金の支払いについても全てをクレジットカードでまとめるようにしています。こうすることで家計簿がわりにもなり毎月の定量的な質がわかるようになるのです。おかげさまでクレジットカードのポイントも溜まりやすくなり、そのポイントをお得に使うことができるようになりました。まずはクレジットカード1枚にまとめてお得に使う方法を検討することをお勧めしたいと思います。クレジットカードの分散化はあまりメリットはないと考えてよいのではないでしょうか。

クレジットの申込は年会費とポイント還元率で選べ

クレジットカードの魅力としては、すぐに現金を準備しなくても来月もしくは再来月に引き落としにすることができることと、ポイント還元があるということだと思います。クレジットカードを申し込む際、ポイントの還元率に重点を置くと良いと思います。カードによって還元率はばらばらであり、1%未満のものもあれば、2%近く還元されるものや、使用した額によってポイント還元率が変わるものもあります。また、年会費がかかるものやかからないもの、年に1回以上使うことなどの条件を満たせば年会費が無料になるものもあります。クレジットカードは何種類もありますが、その中で自分の生活にプラスになるカードを選ぶことをお勧めします。また、年会費の関係などからクレジットカードは沢山持たない方が管理しやすいと思います。海外で利用する機会が多い方は、JCBよりMASTERの方が便利かもしれません。

クレジットカードのパソコンでの支払いに要注意!

最近ネットショッピングが一般化してきて、日常生活の必需品でもスーパーのホームページで簡単に支払いを済ますことができるようになってきました。一見とても便利な支払いツールと思われがちですが、注意しなければならないこともあります。ネット上でクレジットカードの番号や使用期限、名前を投入することは、自分の財布の中身をネット上で公開しているのも同然です。最近はとても賢いハッカーがいて、ウェブ上からクレジットカードの情報を盗み出し、こちらの覚えのない支払いを勝手にされてしまうことも多々あります。インターネットは便利なようで恐ろしいツールです。皆さんクレジットカードのウェブ上での使用にはくれぐれも気をつけましょう。

リボ専用カードにするのはお勧め出来ません。

クレジットカードを利用されていると、クレジットカード会社からカードをリボ払い専用にしませんかと、提案されるケースがあります。「リボ宣言」などと呼んでいるカード会社もあります。結構、毎回の買い物利用の度に「リボ払いでお願います」と言うのが嫌だと思うカードユーザーが多いので、サービスの一貫としての決済スタイルなのだと思います。しかし、良く考えれば分かることですが、翌月1回払いで十分支払える買い物まで、全てリボ払いに組み込まれてしまうので、利息の面で非常に損をしていることになります。リボ払いには、他の回数払いやボーナス払いと異なり、リボ手数料といういわば利息が掛かります。これは、一般的なカードでは年15%にもなります。消費者金融のキャッシングとあまり変わらない利息です。クレジットカードを複数枚持っていて、使い分けが出来るなら良いと思いますが、そうでなければ、クレジットカードをリボ専用カードにすることはお勧め出来ません。